包茎手術は知識を身に付ける事で、お得に手術を受けれる事があります。

お得とは「保険適用で手術が可能になる」という事です。包茎手術はかなり高額ですし、出来る限り安く済ませたいと思う人は多いでしょう。

そんな人は知識を身に付けて「条件に適応」さえされれば、保険が適用され安く手術が受けれる可能性は十分にあります。

基本的には健康保険が適用され「実質負担額が大幅に減少」する場合が多いですが、条件や契約内容によっては生命保険なども有効に働く可能性もあるでしょう。

どうせ手術を受けるならお得に受けたい。当然の感情です。では保険が適用される「条件」とは?

このコンテンツでは「保険適用で手術が可能」な場合の「条件」や「内容」について紹介しています。知って得する包茎治療術を身に付けてお得に手術を受けてみましょう。

包茎手術は泌尿器科・クリニックで受けることが可能

まず「保険適応による包茎手術」を知る上で、絶対に理解しておかないといけないポイントは「手術を何処で受けるのか」という事。

包茎手術に関して少し調べた人は聞いた事があるかもしれませんが、包茎手術は「泌尿器科でも受ける事が出来る」ものなんです。

包茎クリニックでの手術をイメージしている人もいると思いますが、街でよく見かける泌尿器科でも包茎手術は受けれます。ただ泌尿器科で手術を受ける為には「条件をクリア」していなければいけません。

この条件をクリアするかしないかで「保険適応による包茎手術」が可能か否か分かれてしまう訳です。

  • 泌尿器科で受ける包茎手術
  • 包茎クリニックで受ける包茎手術

ハッキリ言って、特に詳しくない人からすれば何が違うのかわからないと思います。ですがこの2つの違いがお得に手術を受ける為には重要なことです。

最低限の知識として「包茎手術はクリニックと泌尿器科で受けれる」という事は頭に入れておきましょう。

泌尿器科とクリニックの違い

病院
(泌尿器科)
病気や怪我で損なわれた症状を改善する為に治療を行う場所。
美容外科
(包茎クリニック)
美を意識し、体の見た目や美容に関した部分を改善する為に治療を行う場所

まずはこれを見てほしいのですが、勘の良い人ならもう気付いているかもしれませんね。ではもう少しわかりやすく言いましょうか。

  • 風邪や病気、骨折などをして治療の為に通うのが病院(泌尿器科)
  • 自分の顔を美しくする為に整形したい人が通うのが美容外科(包茎クリニック)

この違いを見ればわかるように、病院(泌尿器科)と美容外科(包茎クリニック)では通う人の目的も変わってきます。通う人の目的が違うということは、当然治療を行う医師の目的も違うということですよね。

治療の為に通う病院では、生活を脅かす病気を治療しなくてはいけません。その為に治療は健康保険が適応されます。しかし自分の満足(美容整形)の為に美容クリニックに通っても保険って適応されませんよね?

つまりこれと全く同じことが包茎手術でも言えるということなんです。

カントン一等兵カントン一等兵

もしかして…「泌尿器科=病院」ってことは…包茎手術でも保険が適用になるってこと!!!!!?


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

そうだ!その通り!泌尿器科で行う場合、保険が適用になって自己負担額が大幅に減る可能性があるんだ


真性二等兵真性二等兵

泌尿器科で手術が受けれるだけじゃなくて、包茎治療でも保険が適用になるなんて思っても見なかったし驚きました~


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

ただし、「泌尿器科=病院」で保険適用の包茎手術を行うにはある条件が必要なんだ。その条件についてはこれから説明する。重要なポイントだから集中しておくように!

包茎手術で保険が適用の境界線(ボーダーライン)

包茎種類 治療の必要性 保険適応
仮性包茎 治療の必要なし ×
カントン包茎 一部を除き治療が必要
真性包茎 早急に治療が必要

これを見ても分かるように、仮性包茎は性行為や日常生活に支障をきたしません。しっかりと手入れを行えば衛生的にも問題ありませんし、十分そのまま生活することが出来ます。つまり国から治療が必要と認められていない症状なんです。

一方「真性包茎は治療が必要」と認定されています。正常な性行為が行えないだけでなく、衛生的にも非常に悪く病気になってしまう可能性が高い症状。その為国からも、早急に治療が必要と認められているという訳なんです。

要するに包茎手術で保険が適用されるかされないかは、手術が必要な包茎状況であるかどうかで変わります。

カントン・真性包茎は治療が必要ですから、病院(泌尿器科)に行けば保険が適応され、格安で包茎手術が受けることが可能なのです。

ズルムケ隊長ズルムケ隊長

そもそも仮性包茎の場合は泌尿器科での手術を受けることが出来ないケースが高い。手術が必要ないとされている為、泌尿器科では仮性包茎の包茎手術を断る事があるんだ。


仮性上等兵仮性上等兵

そ、そうなんですね…。という事は「保険適用の手術を行える条件」はカントン包茎・真性包茎である事…になるんですか?


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

うむ!泌尿器科で手術受けれるヤツはカントン・真性包茎のヤツだけに限る!つまり保険適用で手術が受けれるやつは…


カントン一等兵カントン一等兵

カントン包茎・真性包茎の人だけ!!ってことですね♪

クリニックで手術を受ける場合一切保険は適用されない

包茎の種類 クリニック 泌尿器科
仮性包茎 × ×
カントン包茎 ×
真性包茎 ×

仮性包茎でもカントン・真性包茎でもクリニックで行う包茎手術は健康保険は適応されません。

治療が必要とされている包茎(カントン・真性)の場合でも、クリニックだと無効(保険適応外)になってしまいます。

それは先程も言ったように、包茎クリニックは美容的な観点から治療を行うものだからです。

だとすれば、保険適応の無い包茎クリニックでカントン・真性包茎の手術を行う必要性がないように感じるでしょうが、実際は泌尿器科で手術を行う人は少数派です。

それに関しては保険が適用されるのに病院で手術を行わない理由で詳しく紹介しています。

仮性包茎は容赦なく適用外

残念ですが仮性包茎の人の場合は、何処で治療をしようが保険は適応されません。

何度も言いますが「国から治療が必要と認められていない症状」ですから、治す必要が無いんですよね。それでも治療したいと思う人は仮性包茎がコンプレックスだからです。

これは極端な話「鼻が低くてコンプレックス」だ。だから美容整形で鼻を高くしたい!と感じている人と同じです。

顔を綺麗にしたいからと美容外科で整形をしても保険が適用にならないのと同じようなこと。

治療ではなく自己満足の為の手術は保険適応外です。そのため残念ですが「仮性包茎は容赦なく適応外」になってしまいます。

カントン包茎の場合は医師の診断次第

カントン包茎は「一部を除き治療が必要」と伝えましたが、そう伝えたのは人によって症状レベルが大きく異るケースがあるからなんです。

包皮口が狭く亀頭を露出した際に痛みを伴う場合や、締め付けがキツく皮が戻らなくなってしまう場合、包皮が腫れ上がってしまう場合などを主にカントン包茎とします。

ただ中には包皮口が狭くスムーズではないものの、痛み無く亀頭を露出させれる症状の人もいるんです。言い換えれば軽度のカントン包茎の人ですね。

この軽度のカントン包茎の場合、状況によっては保険が適応されないケースあるのです。こればかりは医師の診断次第なので、一度泌尿器科等で診断してもらう必要があります。

「手術の必要がある」と診断されたカントン包茎は100%保険が適応されます。ただし泌尿器科での手術に限ります。

真性包茎は問答無用で保険適応で手術可

「早急に治療が必要」な真性包茎は「病気」と捉えた方がわかりやすいかもしれませんね。

病気を治療するために病院へ行けば、保険適応で治療を行うことが出来ます。これは誰でも理解していることでしょう。

だからこそ病院(泌尿器科)で治療すれば、問答無用で100%保険が適応されます。もちろん医師の正確な診断によって真性包茎だと認められた場合に限りますが。

ただ「包茎クリニックと泌尿器科のどちらでも治療ができる」事や「包茎手術=包茎クリニック」のイメージの方が強い事が、話をややこしくしてしまっているのかもしれませんね。

クリニックの場合は包茎タイプに関わらず一切保険が適応されません。真性包茎は問答無用で保険が適応されるとは言え注意が必要です。

健康保険が適用される手術方法ラインナップ

包茎手術に用いられる手術方法は非常にバリエーションが豊富で、手術方法によって費用も大きく異なってきます。

もちろんクリニック・泌尿器科によっても採用している手術方法は異なります。

手術法 手術内容
背面切開術 仮性包茎の状況にする手術
環状切開術 失敗の少ない定番の手術法

泌尿器科で採用している手術方法は主に上記の2種類です。言い換えれば保険が適用される手術方法は上記の2パターンに限られると言うことです。

これ以外で保険が適用される手術方法は無いと考えてもいいでしょう。この2つの手術方法が嫌だと感じる人は、保険適用外のクリニックでの手術を行うしかありません。

逆に言うと、カントン包茎・真性包茎の人で「背面切開術or環状切開術」を行おうと考えている人は、泌尿器科で手術をすれば保険が適用されるので格安で手術を行うことが可能なんです。

真性二等兵真性二等兵

ところで隊長…僕達は保険が適用されて格安で手術が受けれるみたいですけど、どれくらい安く手術が受けれるんですか?


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

カントン・真性包茎の場合クリニックで受けると15万前後~ってとこだ。それが泌尿器科なら「実質負担額は3万円前後」だと考えていいだろう。


真性二等兵真性二等兵

1/5の費用で…めちゃくちゃ安いですね。。定番の手術だし10万円も安いし、泌尿器科での手術一択じゃないですか!


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

さっきも話したがそれがそうでもないんだ。カントン・真性包茎でもクリニックで手術を受けるヤツは多い!これからその理由を紹介してやる!

保険が適用されるのに病院で手術を行わない理由

カントン包茎・真性包茎の人は泌尿器科で手術を行うことで保険が適用され、手術費用の「実質負担額が大幅に減少」し、格安で手術を受ける事が可能だと言う話をしてきました。

だとすれば包茎クリニックで(カントン・真性包茎の人が)手術を受ける必要性が無いのではないか?と感じると思います。

でも泌尿器科で手術を行う人はかなりの少数派なんです。もちろん泌尿器科で保険が適用される事を知らない人が多いことも影響していますが、それ以外にも理由はあるんです。

大抵の場合「見た目・機能性・仕上がり重視」の手術を求めている人はクリニックでの手術を選択しがちです。

泌尿器科の場合「手術方法に制限」があったり「美容手術のスキルの差」や「術後のケア」などクリニックと比較すると劣る部分があるからなのです。

ズルムケ隊長ズルムケ隊長

保険が適用になる分、泌尿器科の方が圧倒的に安く治療はできる!ただし泌尿器科は「見た目重視」ではなく「症状を治す」という観点で治療を行う!


カントン一等兵カントン一等兵

つまり…泌尿器科で手術をすれば安いけど、仕上がりの見た目がいまいちって事ですかね?


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

極端に言えばそうなるな!ただ「泌尿器科の手術が雑」と言う訳ではなくて、「クリニックの手術が綺麗」と考えた方が良いだろう!


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

それに手術方法の選択肢が豊富なクリニックの方が「自分の理想の手術」を受けやすい!だから保険が適用されなくてもクリニックを選ぶヤツは多いんだ。

手術方法が限られる泌尿器科は敬遠されがち

先程も話したように、泌尿器科が採用している手術方法は「背面切開術・環状切開術」のどちらかです。またどちらかを選べるのではなく、どちらか1つを採用しているケースがほとんど。

背面切開術・環状切開術は包茎手術の中でも「最も定番」で「安全・簡単」な手術法です。

クリニックで受ける場合でも費用が安く手軽に行うことが出来る手術法なのですが、その反面「技術的な要素が少なく」仕上がりの見た目にはやや難点が残ります。

泌尿器科 治すことに専念している
包茎クリニック 美を意識した治療を専門にしている

安全に治すことに専念している泌尿器科ですから、背面切開術・環状切開術を採用しているのも納得できると思います。

ただし保険適用と引き換えに、安全ではあるが「仕上がりの見た目」がやや劣る手術方法しか選べないのです。つまりこの2つの選択肢しかない泌尿器科での包茎手術は敬遠されがちなのです。

美容手術のスキルの違いがあるから

美を意識した治療を専門にしているクリニックは、「見た目重視の手術」や「技術面に優れた手術法」など手術スキルに優れています。

決して「泌尿器科の技術レベルに疑問がある」という訳ではありませんが、クリニックではその部分を専門にしている分優れているという事です。

また「医師の技術力=症例数(執刀回数)に比例」します。包茎手術を専門に取り扱うクリニックでは、泌尿器科の医師よりも技術力に差が生まれる事は当然かもしれません。

亀頭直下埋没法 手術痕が目立たないような手術方法
複合曲線作図法 美容的な技術を組み合わせ最高レベルの手術方法

「安い・安全・簡単」な背面切開術・環状切開術だけでなく、上記のような見た目・技術面に優れた手術方法を選択することが可能。

費用面に拘りがない人であれば、選択肢が豊富なクリニックの方が重要視されるでしょう。

もちろん仮性包茎の人は泌尿器科という選択肢はありませんが、カントン・真性包茎の人は保険適用を度外視しても「手術スキルに優れた」クリニックを選択する人は多いのです。

精神的な不安がある包茎手術ではアフターケアの存在が大きい

包茎手術に不安は付き物です。誰でも自分のあそこにメスをいれることに恐怖や不安を覚えます。また手術を行った後も「痛み」や「行動制限」など様々な不安が待っています。だからこそ包茎手術に踏み切れる人は少ないんです。

その点、包茎手術を専門医しているクリニックでは「術前・術後のケア」までしっかりと対応してくれます。

泌尿器科でも術後には経過や抜糸などで何度も通うことにはなると思いますが、通う度に費用がかかりますし電話相談などは対応していません。

クリニックは24時間電話対応をしてくれたり、手術費用にケア料金も含まれているケースが多いです。手術後はいつどのタイミングで不安な要素が生まれるかわかりません。どんなタイミングでも親身に相談に乗ってくれるクリニックは重宝されるのです

「保険適用外」で「費用も高額」になりがちな包茎クリニックですが、包茎治療専門のクリニックは手術内容・対応共に優れた面が多いのです。

ズルムケ隊長ズルムケ隊長

結局のところカントン包茎・真性包茎のヤツが何を求めているかによって、泌尿器科なのかクリニックで受けるべきなのかが変わるってとこだな。


カントン一等兵カントン一等兵

確かに僕は安いに越したことはないけど…どうせなら「誰にもバレないような綺麗な仕上がり」の方がいいです…。


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

そうだろ!?そこを求めないヤツでカントン・真性包茎のヤツは確実に泌尿器科で保険適用の手術受けた方がお得だ!


仮性上等兵仮性上等兵

仮性包茎の僕はそんな悩みも無用ってことか…。残念ですけど、バリエーションが豊富なクリニックで手術が受けれるってプラスに考えるようにします!


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

うむ!とにかく「保険適用で手術が可能」な場合の「条件」や「内容」を把握しておくだけでも人によってはかなり得をする!これだけは覚えておくように!

民間の医療保険に加入している人は更にお得に手術が受けられるかもしれない!

カントン包茎・真性包茎の人は泌尿器科での手術に限り、健康保険が適用され手術費用が安くなる。ここまではそんな話をしてきましたが、更に知っておけば得するかも知れない情報をお届けします。

民間の生命保険・医療保険に加入している人は給付金が貰える可能性もあり。

生命保険・医療保険に加入している人は結構いるとは思いますが、包茎手術で給付金がもらえるなんて想像もしていないと思います。癌や心疾患・脳血管疾患など大きな病気ではないし、そんなもの下りるはずがない!と思っているでしょう。

でも「健康保険適用の内容であれば生命保険金は給付される可能性がある」と言えます。もちろん健康保険適用の場合なので、カントン包茎・真性包茎の人が泌尿器科で手術をした場合に限りますが…。

もし加入している生命保険・医療保険があるのであれば、治療前に確認してみることをおすすめします。この情報は結構知らない人が多いポイントで、知っている人とそうでない人では大きな損得が生まれてしまいます。

仮性上等兵仮性上等兵

包茎手術で生命保険が下りることなんて想像もしていなかったです。まあ僕には関係ないけど…


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

包茎治療といえば結構軽くとらわれがちなんだが、真性包茎なんかは立派な病気だ!国が早急な手術が必要と判断している症状なんだからな。


カントン一等兵カントン一等兵

医学的な観点から手術が必要とされる場合だったら、保険金は下りて当然ですよね。


ズルムケ隊長ズルムケ隊長

うむ。ただし、加入している生命保険によっては条件が違ってくるはずだ!確実に下りる!とは言い切れないから事前に確認しておいた方がいい!


真性二等兵真性二等兵

そうですね。知ってると知っていないでは大きな違いですもんね。しっかり覚えておきます!

アメリカでは子供の頃に病院で包茎手術を受ける事がある

保険適用になる以外「泌尿器科での手術」に対してイメージが悪くなってしまったかもしれません。

確かに包茎クリニックでの手術の方が費用面を除けば優れているかもしれません。でも病院(泌尿器科)での包茎手術はそこまで敬遠されるものではありません。

少し余談になりますが、イスラム教・ユダヤ教などでは宗教上の信仰から生まれてすぐに包茎手術を行なっています。これは割礼と呼ばれごく当然の行為として親しまれています。

またアメリカでは宗教とは関係なく、約7割りの男の子が乳児期までに包茎手術を病院で行うのです。風習や衛生的な面から幼いころに行われるのですが、この行為は日本でも有り得る話です。

「幼少期に包茎手術をする」行為に関して、日本では賛否両論ありますが、子供の頃に泌尿器科で包茎手術をすると言う行為自体はおかしくもなんともありません。

ただしこどもの包茎がいわゆる「病気」ではないことを認識して、大人の思惑によって健康なこどもを肉体的・精神的に傷つけることがないように心を配ることが大切です。

引用:東京女子医科大学病院

こうあるように子供の包茎は病気ではありません。ただ大人の包茎(カントン・真性)は病気とされています。そういう意味では「保険適用のある泌尿器科」での包茎手術は何一つ問題ありません。