バイアグラ

バイアグラ

世界的に1番有名なED治療薬「バイアグラ」。おそらく多くの男性が耳にしたことがある、薬の名前だと思います。居酒屋なんかでも軽い下ネタ感覚で使われていますね。

バイアグラはアメリカのファイザー社が開発し、販売した治療薬です。もともとは、狭心症の治療のために開発&研究がされていたんですが、治験の段階で男の勃起に作用することが判明して、ED治療薬として研究がシフトされ開発に至ったイレギュラーな薬なんです。

バイアグラの名前の由来はVITAL(バイタル)とNIAGARA(ナイアガラ)を組み合わせた造語で、ナイアガラの滝のように力をみなぎらせる(バイタル)という意味になっています。

バイアグラは1998年にアメリカで販売されその画期的な効果で、瞬く間に全米の男を震撼させて有名になりました。アメリカで有名になれば、日本でも注目が集まります。(日本はアメリカ様が右を向けば右を向くスタイルですからね。)

今で言うiPhoneみたいな感じに似ていますね。

こうなると日本でも「バイアグラを使ってみたい!」という人が続出します。しかし、この段階ではまだ日本でバイアグラは認可されていない薬品だったので手に入れることができませんでした。

そんな中で流行った入手法が「個人輸入」です。

これによって日本では認可されていない薬品を日本人が日本で使うようになったんです。

医者の支持もないまま薬品であるバイアグラを服用するもんだから、服用者の副作用が多発し、死亡例もあったことから「バイアグラ=危険」という認識が広まっていったんです。。

こういった珍事件を日本政府は収束させるために、1999年に急いでバイアグラを認可したという流れになります。

そして、日本でもバイアグラが正当に入手できるようになったわけです。

バイアグラの効果は「血管拡張」がもたらす!

未だに多くの人が勘違いしていますが、バイアグラは性的興奮を高める作用はありません。

だから、バイアグラを飲むと「ムラムラする」と言うのは間違い。あったとしてもプラシーボ効果と呼ばれる精神的な作用です。バイアグラの有効成分である「シルデナフィル」にはそういった作用は全くありません。

バイアグラは血管拡張作用によって勃起を促す薬です。これによって、ED患者の勃起を促しているのがバイアグラなんです。

詳しくは「ED治療薬の効果と仕組み!」で勃起の仕組みとセットで紹介しているので読んでください。

つまり、バイアグラを飲んだとしても性的な興奮がなければ勃起をすることはありません。これも勘違いされている点で、「バイアグラを飲むと立ちっぱなし」という馬鹿げた迷信はバイアグラの仕組みからあり得ないんです。

また、女性がバイアグラを使っても効果がないのも同じ理由になります。

バイアグラ服用の注意点

バイアグラの服用は性行為の1時間前というのが基本です。また、薬の効果を最大限に発揮するには空腹時に飲むことが大切になります。

これはアルコールと一緒の原理です。空きっ腹で何も食べずにお酒を飲むと変な酔い方をする時があるでしょ?あれは空腹時に直接胃が吸収するからなんです。

また、脂肪分がある飲料水(牛乳など)で飲むと、薬の成分が吸収しずらくなるので、水がベストです。

ちなみに、空腹時にバイアグラを服用すれば30分後に作用すると言われています。食後や食事中に飲むのではなく、バイアグラの効果を考えるなら、胃に何もない状態での服用がオススメです。

万が一、食事をした場合でも腹7分目くらいに抑えて、2時間後くらいに服用するとそれほど効果は低下しないです。

バイアグラはお酒の飲んだ後でも服用して大丈夫です。といっても、ヘベレケの状態でバイアグラを服用しても全く意味はありません。

ホロ酔いくらいの状態なら、バイアグラの効果を高めるとも言われているので、軽くお酒を引っ掛けるくらいはベストです。

バイアグラの副作用

医師が処方する医薬品なので、バイアグラは副作用があります。しかも、バイアグラの副作用出現率は9割と言われていて、バイアグラを飲んだ人のほとんどが副作用を感じることになります。

代表的なのが「顔のほてり」「目の充血」です。

バイアグラの効果は「血管の拡張」で、いわばお酒を飲んだ状態と似ているんです。だから、お酒を飲んだ時に顔が赤くなったり、火照ったり、目が充血する人はほとんど副作用が現れると思っていいでしょう。

副作用といっても、このように軽い症状なので、それほど警戒するほどでもありません。バイアグラが作用してから5~6時間後くらいにこれらの症状が治まれば医学的にも問題ないと言われています。

他にも頭痛、動悸、鼻づまりも多い副作用になります。また、光に敏感になるという症状もあって、色が変化して見えるなどの意見も少なくありません。

これらも、バイアグラあるある症状なので、そこまで警戒しなくても大丈夫。しかし、こういった副作用が服用後7時間以降にも続くようなら医師に相談したほうがいいでしょう。

頭痛、動悸、鼻づまりが鬱陶しいと感じる人も多いと思いますが、ロキソニンなどの頭痛薬は併用してもOKです。

バイアグラは副作用の出現率が高いですが、安全な部類の薬と言われています。

もちろん、医師の処方で、医師の支持の元での話ですが。

バイアグラの副作用に対して、不安や心配がある人は必ず医師に相談しましょう。

バイアグラの入手ルート

バイアグラは「性行為」に関しての治療薬なので、性的欲求を逆手にとった悪いビジネスに狙われやすい薬品です。

今や偽バイアグラなどの言葉も世間では浸透していますが、そういった悪さをする業者が侵入しやすい世界なだけに入手するには正規ルートがベストです。

今でもバイアグラの入手ルートは4つあります。

  • 病院で処方される
  • 個人輸入業者で入手する
  • 通販サイトで購入する
  • 知人からもらう

この中で正規ルートは「病院で処方される」方法しかありません。1番安全で、偽バイアグラを掴まされるリスクはほぼ0%だと言っていいでしょう。

知人からもらうパターンも病院から処方されていれば問題はありませんが、医師の指示がないので副作用のリスクが高いです。

そもそも、副作用が強く現れたり、服用しても良い状態(身体的に)ではなかったりするので、医師の診断のもとで貰う以外は危険だと思っておいた方がいいでしょう。

人によってはバイアグラの効果がなかったり、効果が薄かったりします。
何よりも、10人に3人はバイアグラが効かない!とも言われていますからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です